読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海と山

家族でアウトドアを楽しむブログ

親子で知床旅行に行って来たよ!お土産と今回の旅行についてのまとめ

親子 旅行

親子で行った4泊5日の知床旅行…

友人がスーツケースのバンドやら指輪やらをなくしたり、天気が悪かったり、台風で帰りの飛行機が欠航したりとトラブルもありましたが、ケガをしたり病気になったりするよりマシ!

ということでなかなか思い出深い、楽しい旅となりました。

【親子で知床旅行に行って来たよ!】というタイトルで旅行の準備から旅行中のできごとまでを書いてきましたが、今回は最終回として、旅行についてのまとめを書いてみたいと思います。

北海道のお土産

私は旅行に行ってもたくさんお土産を買うタイプではないんだけど…なんだかんだで買ってしまいましたよ、ついつい。

そこで、今回の旅行で買ったものをちょっと紹介したいと思います。

nalgen(ナルゲン)のボトル

知床自然センターで購入したnalgen(ナルゲン)のボトル。
f:id:shiotaman:20161002152634j:imageボトルには、知床の山々・ヒグマ・オジロワシ(たぶん)とSHIRETOKO NATURE FOUNDATION(知床財団)の文字が入っています。

知床財団の限定デザインなので、知床以外では買えないと思い、ついつい買ってしまいました。

ボトルの色はブルーのほか、イエロー・パープルなどもあってどれもかわいかったです。

私は0.4Lのものを買いましたが、もっと容量が大きいものもありましたよ。

飲み口が広く、丈夫で、熱い飲み物を入れてもOKだし、フタと本体が分離しないので、とっても使いやすいです!!

羅臼昆布

羅臼ビジターセンターで買いました。

羅臼といえばやっぱり羅臼昆布!
f:id:shiotaman:20161002152706j:image大きいサイズはかさばるし、けっこういいお値段なんですが、これはサイズも小さくラベルもオシャレでお土産にはピッタリ。

値段も500円くらいだったかな。

ただし、あげるなら昆布でダシをとるのがおっくうでない人にあげたほうがいいですね…

ちなみに私は母へのお土産として買いました。

カニ

羅臼の道の駅でおいしいカニをたくさん試食させてもらったためテンションが上がり、思わず勢いで購入した花咲ガニとイバラガニ。

f:id:shiotaman:20161002152809j:image道の駅から、知床旅行から帰って来た日に到着するように宅急便で送りました。

私たちは、台風のせいで最終便の飛行機で帰ってくることになってしまい、自宅に到着したのが真夜中になってしまったため、私と娘よりカニのほうが早くわが家に到着していました(笑)

こっちが花咲ガニで
f:id:shiotaman:20161002152847j:imageこっちが幻のカニとも呼ばれるイバラガニ。 f:id:shiotaman:20161002153115j:image下ゆでしてあるので、解凍するだけでOK。

解凍は1日くらいかけてゆっくり解凍するのがいいらしいです(カニの食べ方の説明書が付いてました)

どちらも、とってもおいしかったです♪

ちなみにこのカニは、お留守番をしていた夫へのお土産ということだったんだけど、旅行に行ってきた私と娘のほうがたくさん食べていたかも…

羅臼昆布スープ

これも羅臼の道の駅で買ったもの。
f:id:shiotaman:20161002153134j:image試食しておいしかったので自宅用・私の実家用・夫の実家用と3本買ってきました。

お店の人のオススメは雑炊だそうですが、いろんなお料理に使えそうです。

JALのおもちゃ

これはお土産ではないんだけど、ご紹介。

子どもを連れて飛行機に乗ったのは初めてで今まで知らなかったんですが、子どもは機内でおもちゃをもらえるんですね。

CAさんが配りに来てくれ、数種類のおもちゃの中から好きなものをひとつもらえます。
f:id:shiotaman:20161002153204j:image娘は、行きでは木製のヘリコプターを、帰りはキーホルダーを選びました。

木製のキーホルダーはAのかたちをしてますが、他にもJとLのかたちがあって、全部そろえるとJALに。

何歳までもらえるかは不明ですが、非売品だし旅のいい思い出になりますね。

知床旅行まとめ

自然が好きな人なら、知床旅行はとてもオススメです。

知床は、知床半島クルーズや知床五湖の散策など、海も山も両方楽しめる素晴らしいところ。

食べ物も海の幸・山の幸が両方楽しめます!

今回のように天気が悪くても、ビジターセンターや道の駅、温泉など雨でも楽しめるところがあるのもいい。
f:id:shiotaman:20161005074206j:image今回は残念ながらヒグマは見ることができなかったけれど、キツネや鹿には遭遇したし、こういう野生動物に出会える楽しみがあるのも知床ならでは。

今回は夏に行きましたが、新緑の春・紅葉が美しい秋・スノーシューや流氷ウォーキング(流氷の上を歩くアクティビティ)ができる冬と、どの季節に行ってもそれぞれの良さがあって楽しめそうです。f:id:shiotaman:20161005165638j:imageまた行きたいな! 

お得に家族旅行をするために

家族旅行というと気になるのはやはり費用!

安く旅行に行くにはオフシーズンを選ぶ・早めに予約をとるというのはもちろんですが、今回の旅行はオンシーズンのうえ出発まで約3週間というあまり時間がない中で手配しました。

それでも親子で行くにしては費用をかなり安くすることができたと思います。

そこで、なるべく費用をかけないで旅行をしたいと考えている方にいくつかポイントを紹介したいと思います。

日頃からマイルやポイントを貯めておく

今回はJALのマイル・おともdeマイル・楽天ポイントを使い、航空券や宿泊代約1泊分は無料になりました。

マイルは家族で分け合うこともできるし(諸条件ありますが)旅行に行く予定がなければAmazon楽天のポイントなどにも交換できるので、貯めておいて損はないです。

インターネットでの下調べは入念に

今はなんでもインターネットで予約ができますが、レンタカーを借りるにしてもどのサイトを経由するかで代金が変わってきます。

私は今回【たびらい】というサイトで日産レンタカーを予約しましたが、他では有料となっていたチャイルドシート代などが無料でした。

そのため【たびらい】とその他のサイトでは、同じ条件でレンタカーを借りるにしても数千円の差がありました。

旅行の手配をする時には、いろんなサイトを見て価格や条件を比較検討することをオススメします!

割引や特典をチェック

網走監獄では入館料が10%引きになる割引券を提示したり、知床半島クルーズでもガイドブックについていた特典を利用して500円引きで乗船しました。

網走監獄の割引券はホームページに出ていてたので、その画面をチケット売り場で提示すればOKでした。

最近ではこのようにホームページに割引券が出ているものもあるし、ガイドブックや旅先にあるフリーペーパーなどにも掲載されていたりするので、チェックしてみましょう。

こういうのを利用するのに抵抗感があるという方も中にはいるかもしれませんが、使わないと損!だと私は思います。

どんどん使いましょう♪

子どもが小さいうちにどんどん出かける

まだ子どもがいない時「子どもができたら旅費もかさむし、たくさん旅行に行けなくなるから、今のうちに行ったる!」と思って旅行しまくっていた私でしたが、「子どもができてもやり方しだいではお得に旅することができるんだ」と今回の旅行で感じました。
飛行機は、2歳までは席を確保しなければ無料だし、宿も食事や寝具を必要としなければ無料。

食事をとるにしても、小さいうちは今回のように親とシェアして食べれば食事代もさほどかからないし、いいことづくめ。f:id:shiotaman:20161005165028j:plain「小さい時にいろんなところに連れていってもどうせ忘れちゃうよな~」なんて思っていたのですが、先日知床のガイドブックを見ていた娘が、網走監獄のページを見ながら「行った!」と言うもんだからビックリ。

ちゃんと思い出として心の中に残っているんですね〜!

だから、「旅費がかからない小さいうちにどんどんお出かけして、思い出をたくさん増やそう」と思ったわけです。 
f:id:shiotaman:20161005165520j:image次は、どこに行こうかな〜。

考えるだけでも、楽しいですよね。

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア家族へ
にほんブログ村